西国三十三所観音霊場の項


 

 西国巡礼のはじまりについてはこんな伝説があります。

 大和長谷寺の徳道上人が年老いて仮死状態にあった時、閻魔大王と出会い、大王は「いまの世は罪を重ねて地獄に堕ちる者が多く、なんとか救いたい。そのためには観音様の三十三の救いの手に頼るのが最もよいので、悩み苦しむ人たちが観音様とご縁を結べるようにしてほしい。観音様と結縁したものはすべて極楽へ行けるようにしたい。ただし人間はうそつきもいるから三十三ヶ所の宝印(現在の納経朱印)を与えるので一ヶ所ごとに捺印するように」と指示されて徳道上人を再び娑婆へかえされました。

 元気を回復した上人は閻魔大王から預かった三十三ヶ所分の宝印を棒持(もったいない宝印なので行衣の上にもう一枚袖なし−おいずる−を着ける)して長谷寺をあとに行脚の旅に出て、観音様を奉安する三十三ヶ所を探し求めました。養老2年(718)のことでありました。しかし、当初は徳道上人を誰も信用せず、止むを得ず中山寺に宝印を埋められました。それから270年後の永延2年(988)花山法皇がこの宝印を掘り出し、法眼・性空・弁光上人などを伴にして、那智をはじめに紀伊・和泉・河内・大和・山城・丹波・摂津・播磨・丹後・近江をめぐり、美濃の谷汲で結願された。その後巡礼は盛んになり現在の巡拝コースが定まったと伝えられています。

 記録などによれば、三井寺の修験僧で名高い行尊(1055〜1135)が150日の間にわたって巡拝したとか、天台寺門の修験僧で知られる覚忠(1118〜1177)が75五日にわたって巡拝したと伝えています。当初は大和長谷寺をはじめに三室戸寺で終え、また那智山をはじめに三室戸寺で結願するというコースがありましたが、現在の那智から岐阜谷汲で終える順路となったのは、室町以降、東国より伊勢まいりをかねて那智からはじめるコースが定着してからで、それによって「西国」と名称がつけられました。したがって西国の霊場は東国の人たちに都合のよい順番になっています。

クリックすると拡大表示されます
西国三十三所観音霊場
【 第二十四番中山寺ご朱印 】

 人それぞれによって西国巡礼の動機は異なっても、たどる道は一つ。お互いに道中気をつけて無事にめぐり心願成就を祈りたいものです。

西国三十三所札所会のホームページはこちら

 

   

近畿三十六不動尊霊場の項


 

 近畿三十六不動尊霊場は、近畿地方の大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県、和歌山県に古寺顕彰会が中心になって開設した霊場です。宗派にとらわれずに一般の人々の立場から霊場寺院が選定され、昭和54年(1979)に発足しました。

不動明王、降三世明王、軍荼利明王、大威徳明王、金剛夜叉明王の五大明王を、護摩堂にお祀りし、これを以て近畿三十六不動尊霊場の札所としてのご本尊としています。







クリックすると拡大表示されます

近畿三十六不動尊霊場
【 第21番中山寺ご朱印 】

摂津国三十三所の項


 

 霊場巡拝は古今東西をとわずあらゆる処で行われて来ました。

  摂津の国三十三所観音霊場巡拝もその規を一するであり、同行二人の根本精神は何等変わる所は無いのであり、今此処に一人でも多くの篤信の方々にその功徳行をおすすめする次第であります。

 花山天皇は僅かに18歳にして即位し、在位一年九ヶ月で内外の事情により厭世的な「孫位」と云う特殊な形式によって、退位され出家なさいました。

 観世音菩薩様は、現世利益の為に三十三に身を分って、説法し影の形に添う如く、欣求の声に即応して、方便をたれたもう大慈大悲の菩薩さまであります。

 花山法皇は観音様の三十三身説法を固く信じて、京都の西方の古来の霊場を巡錫されました。これが西国三十三ヶ所霊場の淵源であり、草創であります。各霊場は、熱烈は観音信者に支えられ、巡拝者が列をなし、霊場の各所に納経塚が立てられました。

 以来、変遷盛衰一様ならず、明治時代を経て更に大東亜戦争に突入し、為に霊場は殊更に衰微し、次第に信者から忘れられようとして居ります。この時に当り、関係各位の悲願が結集し、昭和55年2月摂津国三十三ヶ所霊場会が発足いたしました。

 

   


クリックすると拡大表示されます
摂津国三十三所
【 第一番中山寺ご朱印 】

摂津国八十八所の項


 

 真に弘法大師を賛迎するものにとっては、大師はいつもわれわれの身近にあって見守ってくださっているという思いから離れることはできません。この思いから、大師の歩かれた所々の御足跡を巡礼して、より近く大師の御心に触れ、同行二人の境地に涵される体験を深めようとするのです。

  あたかも、インドのヒンズー教徒が、ベナレスの聖なる河ガンジスに沐浴することを一生涯の念願としているように、大師信者は四国八十八ヶ所の聖跡巡礼に思いを寄せるのです。

 この信者の切なる願いが、日本中いたるところに四国霊場に擬して八十八ヶ所の霊場が開かれている所以でありましょう。

 摂津の国にも、江戸中期安永年間、真田山観智院(第十六番札所)在住の月海上人によって開かれた摂津国八十八ヶ所霊場があり、殷賑を極めていました。不幸な戦中戦後の荒廃を経て、六大院(第十四番札所)前住職・小原孝澄大僧正の積年の念願が実を結び、ようやく昭和55年1月、全札所寺院の結集がなり、摂津国八十八ヶ所霊場再興の第一歩を踏み出し、巡拝の方々も日々その数を増しつつあります。
 

クリックすると拡大表示されます
摂津国八十八所
【 第六十九番大師堂ご朱印 】
クリックすると拡大表示されます
摂津国八十八所
【 第七十番納経所ご朱印 】
クリックすると拡大表示されます
摂津国八十八所
【 第七十一番奥之院ご朱印 】

 

七福神の項


 

 恵比寿神、大黒天、毘沙門天、福禄寿、弁財天、寿老神、布袋尊の七つの神は、平安時代から福をもたらす神として、個々別々に信仰されていました。

 そして室町時代になると、これらの福神は”七”という聖数をあてられ、福徳施与の神として広く一般に親しまれ、信仰されるようになりました。これが「七福神」の始まりです。阪急電鉄 七福神の図

 阪急沿線七福神は、それぞれ由緒ある各社寺に古くから祀られている神々です。一年の福徳を願って、集印めぐりをいたしましょう。

 願い事がかない、一年を無事に過ごせたら、古いものを納め、改めて集印をお受け下さい。